Category Archives: Food & Drinks

New job and how I got a work visa in Japan

I have been busy this last half year, let me explain why. A lot of things has happened recently. I accepted the job offer from ECOLOVE Co., Ltd. in Tokyo! This is a venture company and a subsidiary of Pasona Group, one of largest HR solutions companies in Japan. I started my new job as a contract employee in December last year and joined the planning department shortly thereafter. ECOLOVE’s mission is aiming to create a society where all people can live rich and happy lives.

Since I started, I’ve been placed at a restaurant called Towers Diner inside Tokyo Tower to receive job training. I’ve immersed myself in Japanese manners, language, and customs etc. 

However, instead of talking about my new job, I’d like to share my experiences of and give some insight into matters I wish I had known at the time I started the work visa process. So before I finally started working, I was facing the visa issue most foreigners do. How smooth would it be to transfer a student visa into a working visa?

Quite smooth it turned out to be. My original student visa was valid for two years and three months. Two years for the master degree and then a few months working as a cushion to transfer back to the working life. This has been a stressful time of looking for jobs and having a deadline of my student visa to work towards. In the end, I got the work visa just two weeks before the expiration date of the student visa!

Since I graduated with an MBA degree, which is labeled as a social science, the appropriate visa would be the “Specialist in Humanities / International Services Visa”. According to statistics, about 90% of all international students that change their residence status from student to working will get this visa. The general requirement is to have a university degree or 10 years working experience in the field. The salary received cannot be below what a Japanese national would get for comparable work, which means the salary would need to be higher than 200 000 yen per month.

Eco Love 2017

Picture 1 of 1

私はこの半年間、とても忙しかったです。その理由をここで説明しようと思います。最近、多くのことを同時に行なっています。東京の株式会社エコLOVEからの内定を受け入れました!これはベンチャー企業であり、日本最大のHRソリューション会社の一つであるパソナグループの子会社です。去年12月に契約社員として新しい仕事を始め、企画部に入りました。エコラブのミッションはすべての人々が豊かで幸せに生きられる社会をつくることです。

仕事を始めてから、東京タワー内のタワーズダイナーというレストランでトレーニングを受けました。そこでは全てが日本の環境で私は日本のマナー、言語、習慣等にふれることが出来ました。

今日は新しい仕事についての話をする代わりに、自分の経験を共有し、就労ビザを取得する時に知りたいと思っていたことについて、いくつか紹介したいと思います。仕事を始める前に、ほとんどの外国人がビザ問題に直面します。学生ビザを就労ビザに変更するのはどれほどスムーズでしょうか?

昔に比べてかなりスムーズになりました!私が以前持っていた学生ビザの有効期限は2年3ヶ月間でした。修士課程は2年間で、残りの数ヶ月は就職までの準備期間です。この3ヶ月間、今まで心配だった就職のことより、近づいてくるビザの有効期限にもっと緊張しました。結局、ビザの有効期限の2週間前にギリギリ職労ビザを取得することができました!

私の専攻はMBAと呼ばれる社会科学のため、これに適合な「技術・人文知識・国際業務」の在留資格です。統計によると、学生ビザから職労ビザに変更した留学生の約90%がこの在留資格だそうです。一般的な要件は、10年以上の実務経験か大学を卒業することです。そして日本の法律では、外国人だからとして同等な職種の日本人がもらう給料より下回ってはいけません。つまり、給料は月額20万円を超える必要があります。

Top eight places to visit in Kyoto

Here is my list of top eight places to visit in Kyoto. There are all special places that I’m feeling a connection to. From sipping matcha tea to exploring temples and finding hidden waterfalls; Please enjoy this guide.

こちらは私の京都のおすすめトップ8です。全部は私にとって心ときめく特別の場所です。抹茶を飲んだり、お寺巡りをして御朱印を集めたり、旅先で偶然滝を見つけたりします。このリンクをご覧ください。

Ukiyo-e Japanese Woodblock Prints

It’s said that Ukiyo-e prints were today’s equivalent magazines. They often depicted kabuki stars and the latest fashion trends. Utagawa Kuniyoshi was one of the great masters of Japanese Ukiyo-e woodblock prints and painting. One of his most famous paintings is Takiyasha the Witch and the Skeleton Spectre.

The Bunkamura Museum of Art in Shibuya lets visitors enjoy the wooden prints as they were originally meant to, as entertainment. http://www.bunkamura.co.jp/english/museum/

Why not finish a long day with a visit to a Sake market in Tokyo? For a charge of 3000 yen, you can enjoy as much Japanese rice wine as you can or want. This standing bar is located in Shibuya. Shibuya https://kurand.jp/en/sakemarket/shibuya/

浮世絵は江戸時代ファッション雑誌です。それは頻繁に歌舞伎スター[アイドル]や最新のファッショントレンドを描きました。歌川国義は日本の浮世絵木版画と絵画の巨匠の一人で、彼の最も有名な絵画は(相馬の古内裏 妖怪がどくろと戦う大宅太郎光圀)です。

渋谷の芸術の文化村という美術館でこの絵を六月まで見ることができます。http://www.bunkamura.co.jp/english/museum/

東京の日本酒市場への訪問で長い一日を終わりますか?3000円の料金で、日本酒の飲み放題ができます。この立ち飲み屋も渋谷に位置しています。 https://kurand.jp/en/sakemarket/shibuya/

Skiing in Japan

A late Friday night, an international team of 9 participants set out from Tokyo in two rented cars. Since Japanese people, in general, have a tendency to work late, we departed at almost 00:00 to arrive around 05:00 in Nagano at our hotel. The group consisted of 4 men and 5 women, all with the determination to enjoy a nice skiing weekend. These kinds of activities are encouraged by Social Apartment, where you can live and enjoy socializing in an apartment style share house.

With only a few hours of sleep, we got up and rented ski gear for about 5000 yen and then bought a lift pass for about another 5000. Hakuba was the name of the ski resort we went to and it’s a village in the kitaazumi district of Nagano prefecture.  Nagano is mostly known for the 1998 winter Olympics, is also connected with Tokyo by the  Hokuriku shinkansen. After enjoying skiing for a few hours, we ate dinner at a quite decent Yakiniku restaurant named Miyama(深山). The night was finished with an onsen visit close to the hotel will some drinks at our rooms.

Skiing in Nagano was quite different from skiing in Sweden. The snow was equally great, but it was a bit warmer than expected. The ski lift worked flawlessly compared to Sweden and Hakuba was well staffed. The next ski trip will no doubt be in Hokkaido next year!

ある金曜日の夜、一緒に暮らしている9名の参加者の国際チームは、借りた車で東京から長野に出発しました。一般的に日本人は遅くまで働くので、我々は00:00頃出発し、長野に朝5時ぐらいに到着しました!グループは男性4人と女性5人で、皆素敵なスキー週末にしようと決意していました。こうした活動は、ソーシャルアパートメントに一緒に住んでいると、身近なものとなり、色々な人と付き合い楽しむことができます。

非常に少ない睡眠時間で目を覚まして、約5000円でスキーギアを借りて、さらに約5000円のリフト券を買いました。白馬は北安曇の村のスキー場です。長野は、1998年冬季オリンピックでよく知られており、北陸新幹線で東京と接続されています。スキーが終わって、深山というかなりおいしい焼肉屋さんで飲んで食べました。夜はホテルの近くにある温泉に入って、お酒を飲んでから寝ました。

長野でのスキーはスウェーデンと比べるとかなり異なっていました。雪は同じように最高やけど、予想していたより少し暖かかったです。スキーリフトはスウェーデンと比べて、完璧に動いていただけでなく、スタッフの人たちもキビキビと働いていました。次のスキー旅行は間違いなくスウェーデンに似てる北海道です。

IKEA JAPAN CRAYFISH PARTY

What is a Kräftskiva?

A Crayfish Party or Kräftskiva is a traditional eating and drinking celebration in Sweden. The party is held in August and is usually enjoyed outdoors. The party accessories are funny paper hats, table clothes and paper lanterns. Akvavit and many other kinds of strong liquor(snaps) are served together with beer. The crayfish themselves are boiled in salt water together with fresh dill. We then serve it cold and eat it with our hands.

This is how my Swedish family does it

When my family have kräftskiva there is a good atmosphere with noisy eating and many traditional drinking songs (snapsvisa). The alcohol consumption is high in regards to the food consumed. We like to suck the juice out of the crayfish before finishing it. We have the crayfish with bread, surströmming, västerbotten cheese, salads and other dishes.

This is what happened in IKEA Japan!

IKEA Japan in Kobe held the crayfish party unusually early in July and of course indoors in the customer restaurant with about 50 customers. I participated as a Swedish culture bearer to show how to manage the party. There were an awkward feeling in the beginning when we introduced the crayfish party and I demonstrated a drinking song solo called “helan går!”. As the time passed however and the alcohol intake increased, the Japanese customers softened up and became more cheerful.

ザリガニパーティーとは?

ザリガニパーティーや Kräftskivaは、スウェーデンの伝統的な飲食行事です。そのパーティーは、通常8月に行われ、屋外で飲食を楽しみます。パーティーアクセサリーは色々あり、紙で作られた面白い帽子、テーブルクロス、ちょうちんなどです。アクアビットやその他、さまざまな強いお酒(Snaps)と、もちろんビールも一緒に飲みます。ザリガニは自体は新鮮なディルと一緒に塩水でゆでられています。そして冷やして冷たい状態のザリガニを手を使って食べます。

これは私のスウェーデンの家族のやり方です。

私の家のザリガニパーティーでは、皆たわい無い会話を楽しみながらわいわいと食事をし、また伝統的なお酒の歌(Snapsvisa)を歌って、とても賑やかで楽しい雰囲気があります。その日のアルコールの消費は食べ物に関して言うととても高いです。私たちは食べ終わる前にザリガニの中の汁を吸うのが好きです。また、ザリガニと一緒にパンやシュールストレミング(Surstömming),ヴェステルボッテン・チーズ(Västerbottenost)、サラダと他の料理を楽しみます。

これはイケアジャパンで何が起こったのかです!

神戸ポートアイランドのイケアでは7月という異常に早い時期に屋内でザリガニパーティーが開催されました。約50名のお客様がイケア神戸のレストランで行われたパーティーに参加しました。私はザリガニパーティーがどのようなものかを紹介するために、スウェーデン代表としてパーティーに出席しました。パーティーが始まり、お客様の気分がまだのらない間に私は一人でザリガニパーティーの曲を歌わなければなりませんでした。初めは違和感があった会場が、時間の経過とアルコールのおかげで、最後は日本人のお客様全員の顔に笑顔が見られて、楽しい時間をすごせたように見えました。