Category Archives: Restaurants

New job and how I got a work visa in Japan

I have been busy this last half year, let me explain why. A lot of things has happened recently. I accepted the job offer from ECOLOVE Co., Ltd. in Tokyo! This is a venture company and a subsidiary of Pasona Group, one of largest HR solutions companies in Japan. I started my new job as a contract employee in December last year and joined the planning department shortly thereafter. ECOLOVE’s mission is aiming to create a society where all people can live rich and happy lives.

Since I started, I’ve been placed at a restaurant called Towers Diner inside Tokyo Tower to receive job training. I’ve immersed myself in Japanese manners, language, and customs etc. 

However, instead of talking about my new job, I’d like to share my experiences of and give some insight into matters I wish I had known at the time I started the work visa process. So before I finally started working, I was facing the visa issue most foreigners do. How smooth would it be to transfer a student visa into a working visa?

Quite smooth it turned out to be. My original student visa was valid for two years and three months. Two years for the master degree and then a few months working as a cushion to transfer back to the working life. This has been a stressful time of looking for jobs and having a deadline of my student visa to work towards. In the end, I got the work visa just two weeks before the expiration date of the student visa!

Since I graduated with an MBA degree, which is labeled as a social science, the appropriate visa would be the “Specialist in Humanities / International Services Visa”. According to statistics, about 90% of all international students that change their residence status from student to working will get this visa. The general requirement is to have a university degree or 10 years working experience in the field. The salary received cannot be below what a Japanese national would get for comparable work, which means the salary would need to be higher than 200 000 yen per month.

Eco Love 2017

Picture 1 of 1

私はこの半年間、とても忙しかったです。その理由をここで説明しようと思います。最近、多くのことを同時に行なっています。東京の株式会社エコLOVEからの内定を受け入れました!これはベンチャー企業であり、日本最大のHRソリューション会社の一つであるパソナグループの子会社です。去年12月に契約社員として新しい仕事を始め、企画部に入りました。エコラブのミッションはすべての人々が豊かで幸せに生きられる社会をつくることです。

仕事を始めてから、東京タワー内のタワーズダイナーというレストランでトレーニングを受けました。そこでは全てが日本の環境で私は日本のマナー、言語、習慣等にふれることが出来ました。

今日は新しい仕事についての話をする代わりに、自分の経験を共有し、就労ビザを取得する時に知りたいと思っていたことについて、いくつか紹介したいと思います。仕事を始める前に、ほとんどの外国人がビザ問題に直面します。学生ビザを就労ビザに変更するのはどれほどスムーズでしょうか?

昔に比べてかなりスムーズになりました!私が以前持っていた学生ビザの有効期限は2年3ヶ月間でした。修士課程は2年間で、残りの数ヶ月は就職までの準備期間です。この3ヶ月間、今まで心配だった就職のことより、近づいてくるビザの有効期限にもっと緊張しました。結局、ビザの有効期限の2週間前にギリギリ職労ビザを取得することができました!

私の専攻はMBAと呼ばれる社会科学のため、これに適合な「技術・人文知識・国際業務」の在留資格です。統計によると、学生ビザから職労ビザに変更した留学生の約90%がこの在留資格だそうです。一般的な要件は、10年以上の実務経験か大学を卒業することです。そして日本の法律では、外国人だからとして同等な職種の日本人がもらう給料より下回ってはいけません。つまり、給料は月額20万円を超える必要があります。

Skiing in Japan

A late Friday night, an international team of 9 participants set out from Tokyo in two rented cars. Since Japanese people, in general, have a tendency to work late, we departed at almost 00:00 to arrive around 05:00 in Nagano at our hotel. The group consisted of 4 men and 5 women, all with the determination to enjoy a nice skiing weekend. These kinds of activities are encouraged by Social Apartment, where you can live and enjoy socializing in an apartment style share house.

With only a few hours of sleep, we got up and rented ski gear for about 5000 yen and then bought a lift pass for about another 5000. Hakuba was the name of the ski resort we went to and it’s a village in the kitaazumi district of Nagano prefecture.  Nagano is mostly known for the 1998 winter Olympics, is also connected with Tokyo by the  Hokuriku shinkansen. After enjoying skiing for a few hours, we ate dinner at a quite decent Yakiniku restaurant named Miyama(深山). The night was finished with an onsen visit close to the hotel will some drinks at our rooms.

Skiing in Nagano was quite different from skiing in Sweden. The snow was equally great, but it was a bit warmer than expected. The ski lift worked flawlessly compared to Sweden and Hakuba was well staffed. The next ski trip will no doubt be in Hokkaido next year!

ある金曜日の夜、一緒に暮らしている9名の参加者の国際チームは、借りた車で東京から長野に出発しました。一般的に日本人は遅くまで働くので、我々は00:00頃出発し、長野に朝5時ぐらいに到着しました!グループは男性4人と女性5人で、皆素敵なスキー週末にしようと決意していました。こうした活動は、ソーシャルアパートメントに一緒に住んでいると、身近なものとなり、色々な人と付き合い楽しむことができます。

非常に少ない睡眠時間で目を覚まして、約5000円でスキーギアを借りて、さらに約5000円のリフト券を買いました。白馬は北安曇の村のスキー場です。長野は、1998年冬季オリンピックでよく知られており、北陸新幹線で東京と接続されています。スキーが終わって、深山というかなりおいしい焼肉屋さんで飲んで食べました。夜はホテルの近くにある温泉に入って、お酒を飲んでから寝ました。

長野でのスキーはスウェーデンと比べるとかなり異なっていました。雪は同じように最高やけど、予想していたより少し暖かかったです。スキーリフトはスウェーデンと比べて、完璧に動いていただけでなく、スタッフの人たちもキビキビと働いていました。次のスキー旅行は間違いなくスウェーデンに似てる北海道です。

What did they put on that hotdog? IKEA Japan

By now, you must have noticed all the weird food combinations in Japan. One might think that the Swedish IKEA is only selling meatballs and salmon, but there is more than meets the eye! Having worked at IKEA Kobe for half a year, I have noticed some very peculiar things, and will share with you THREE foods today!

First is the mentaiko cheese-dog. It’s a type of spicy marinated roe mixed with cheese and nori, all of this on top of a hot dog!

Next is the strawberry soft cream hot dog. It’s basically a hot dog bun with ice cream instead of a sausage and frozen strawberries on top!

Last but not least is the yakisoba-dog. It’s a hot dog with yakisoba and mayonaise as condiments!

イケアあのホットドッグに何をかけたのか?

今まで、あなたは日本のすべての奇妙な食品の組み合わせを気づいているはずでしょう。一つは、スウェーデンスタイルのイケアがミートボールとサーモンを販売していると思うかも知れませんが、それは大間違い!思ったより多く日本らしい食品もあります!私は半年間 IKEA Kobe で働き、いくつかの非常に奇妙な事に気がつきました。今日はその中から三つの変な食品を紹介します。

一つ目は、明太子チーズドッグです。ホットドッグの上に少し辛い明太子とチーズが合わさったソースと海苔がかけられています!

二つ目は、苺ソフトドッグです!それは単純にホットドッグパンにソーセージの代わりにアイスクリームが挟んであり、その上部に冷凍のいちごダイスがのっているものです!

第三は、焼きそばドッグです!ホットドッグの上に、焼きそばがかけられており、トッピングとしてやマヨネーズもかけることが出来ます!

 

Beautiful cherry blossom in Yoshino

The most beautiful cherry blossoms in Japan?

A couple of weeks ago, my friend and I took the train from Kyoto to Mount Yoshino in Nara Prefecture. About one and a half hours later, we arrived at Yoshino, which is said to be the most famous sakura viewing spot in Japan. The cherry trees there are said to have been planted during the 700th century, and the mountain is covered by many different varieties of cherry blossoms now.

When we arrived, we took the cable car up the mountain and walked up the rest of the way. We had udon for lunch at a small local restaurant which had low tables on tatami mats and a spectacular view of the town and mountain. After a while, we arrived at the famous Kane-no-Torii, which is said to have been made from the same metal as the Big Buddha in Todaiji in Nara. It is one of the three most famous torii gates in Japan, along with the one at Itsukushima-jinja in Miyajiima, and the one at Tennoji in Osaka.

日本の最も美しい桜?

数週間前、私は友人と一緒に、京都から奈良の吉野山まで電車で行きました。約1時間半、何世紀にもわたって最も有名な桜の鑑賞スポットと言われている吉野に着きました。山の木は7世紀に植林開始されたと言われおり、現在は山のほぼ全てがさまざまな品種で覆われています。

到着し、我々は古いケーブルカーに乗って山の上に行った後、緩やかな坂道を歩き始めました。畳と低いテーブルがある昔ながらの日本風レストランでうどんたべたり、日本酒飲んだり、吉野の美しい景色を見ながら、のんびりしました。しばらくして、有名な金の鳥居こところへやって来ました。それは、奈良の東大寺の大仏と同じ金属から作られていると言われていました。宮島の厳島神社と大阪の天王寺と同等に日本で有名な3つの鳥居のうちの一つです

 

Travelling west towards Onomichi, Hiroshima, Iwakuni and Miyajima

Once again I used the discount ticket (seishun 18 kippu) to travel deeper into western Japan. I began the journey from Kansai, and the first stop of the day was Onomochi, which is famous for having many temples despite its small size. I went on the “Temple walk“, starting with a 5 min cable car ride up the local mountain. The senkoji park provided a spectacular view of the town. On the way down, I saw many things: from small ojisozan statues to a wild cat fight. Later, I enjoyed a beautiful and delicious waffle and then walked around the town until I decided to stop for some excellent ramen. Having appeased my appetite, I continued onwards to Hiroshima.

On the second day, I didn’t use the seishun ticket, but instead spent the day roaming around Hiroshima. Hiroshima is a comfortable town with wide streets and friendly people. I had lunch by the riverside and helped translate  “The possibilities are endless” to “可能性は無限大” for an old Japanese man who had a cap with that saying in English。

At the Hiroshima Peace Memorial Park, I was approached by many high school students to help them with their school project and folded many paper cranes, which are a symbol for peace. I felt a little melancholy the rest of the day after seeing the seeing the horrors of the atomic bomb and its effect on the people of Hiroshima at the museum. Before the sun set, I went to Shukkeien Garden, and enjoyed the sight of bonsai trees and many turtles and carps in the pond. As it was getting late, I continued to “okonomimura“, which is a portmanteau of the words for Japanese pizza (okonomiyaki) and village (mura). There, I enjoyed the pleasant of Hiroshima-style onomoiyaki made from noodles and a lot of vegetables.

On the third day, I woke up early and took the train towards Iwakuni. The lunch of the day was skewered meat, squid and a beer, which I enjoyed while sitting down by the river close to the beautiful Kintai bridge. After that, I took the ferry over to miyajima and went straight to my japanese style inn (ryokan) to drop off my luggage. One of the many goals for trip was to hike Mount Misen, so I took the cable car up to the peak and gazed upon a spectacular view.  On the way down, I descended thousands of stone steps and stopped by many small shrines and temples, including the amazing buddhist temple, Daisho-in.

I ate a full course dinner at a restaurant called Mametanuki and I finished the night by taking night shots of Itsukushima-jinja. Finally, I took a dip in the ofuro (japanese style bath) and went back to my room and slept like a log.

At 10:05 AM on the next day, the lady in charge of the inn woke me up and kindly reminded me about the checkout time at 10:00. Leaving the hotel, I went back to Itsukushima jinja and bought a book called “shuinchou“, which is a special book used to collect stamps and hand-drawn calligraphy from the temples and shrines in Japan.

Once back at mainland Japan, I took a 7-hour journey back home to Kansai using local trains.

西日本へ旅行し、尾道、広島、岩国と宮島に寄って行きました

私はもう一度青春18切符を使用して、西日本へ旅行をしました。関西から出発し、その日の最初のストップである尾道へ行きました。尾道は数多くのお寺があることで有名な小さな町です。そこで私は寺ウォークをしました。山の上まで5分くらいロープウェイに乗って、そこから寺ウォークを始めました。山頂にある千光寺公園からの眺めは町全体を見渡せる素晴らしいものでした。山を下る途中で小さなおじそうさんの彫像や野生の猫の戦いなど、いろいろなもの見ました。下山してから、私は美しくておいしいワッフルを楽しみ、夜ごはんのラーメン屋さんを見つけるまでの時間もう少し町を散策しました。そしてその夜、広島へ向けて旅を続けました

二日目、私は青春18切符を使用せず、その代わりに広島市内をうろうろしました。広島は通りが広く、また親切な人が多い快適な町です。川岸のお店に寄って昼ごはんを食べたとき、英語で”The possibilities are endless”と書いてある帽子を被っているおじいさんがいました。その人に、この意味は何かと尋ねられたので「可能性は無限大」と訳してあげました。

広島平和記念公園では、高校生たちの学校のプロジェクトの一貫として平和のシンボルである折り鶴を一緒に折るように声を掛けられました。平和記念公園にいる間たくさん高校生に出会ったので、その都度一緒に鶴を折りました。原爆資料館で被爆した方々の影響や原爆の恐ろしさを見たあとは一日中もの悲しい気持ちでした。資料館をあとにして、陽が沈む前に縮景園に行って盆栽の木や池にいた亀や鯉の姿を見て楽しみました。だんだん辺りが暗くなってきたときに、日本のピザ(お好み焼き)のお店が集まる村、”お好み村” へ、足を延ばしました。そこで麺とたくさんの野菜で作られた広島風のお好み焼きを食べました。

3日目、朝早く起きて岩国に向かうため列車に乗りました。ランチは、錦帯橋の近くの川岸に座って牛串いか串に合わせてビールを飲み、そこから望む美しい景色を楽しみました。その後、宮島口へ戻り宮島へかけてフェリーに乗りました。宮島に着いてすぐ荷物を置きに和風旅館へ向かいました。この旅の目的の一つは弥山をハイキングすることだったので、山中まではケーブルカーに乗り、その後歩いて上を目指しました。世界遺産である弥山山頂からは壮大な景色を見ることが出来ました。下山道では数千ぐらいある石段を一歩ずつ歩きながら、大聖院を含む素晴らしい仏教寺院や多くの小さな神社に寄って下りてきました。

豆狸と呼ばれる居酒屋さんで晩御飯を済ませ、暗闇にそびえ立つ厳島神社の鳥居を写真に収め宮島での1日を終えましたそして旅館で広いお風呂に浸かり疲れを癒してから自分の部屋に戻って木のように寝ました。

翌日の午前10時5分、宿の女将さんが親切に10時にチェックアウトやでと私を起こし、私は宿をあとにしました。厳島神社へ戻って、日本のお寺や神社のスタンプや手描きの書道を収集するために使用される特殊な本(朱印帳)を買いました。

そして本土へ戻りそこからまた18切符で7-8時間かけて関西へ戻るための帰路へ就きました。