Category Archives: Nature

Experience traditional culture with Japan tent

I’m finally graduating with an MBA from Doshisha University in two weeks from now. As a great way to end my life as a student, I participated in JAPAN TENT. In this program, 300 foreign exchange and research students from 78 different countries around the world are gathering together in Ishikawa Prefecture for a one-week homestay. I was offered a chance to live with two local families in the  remarkable beautiful and culturally rich Ishikawa.

The first three days I stayed at Shun’s house and explored the Noto peninsula, which has excellent seafood and interesting history from the Jomon period. I woke up every morning to the smell of freshly brewed coffee from Shuns own Cafe Urara. The most memorable experience was carrying around a Kiriko or a giant festival lantern  at the Noto Kiriko Festival.

The last three days I stayed with the Kobori family in their huge Japanese house in Nonoichi. It was obvious to me that the Kobori’s represents the stereotypical image of a Japanese family: Grandpa works in the rice field and garden, Grandma stays home and cooks, Father works at a manufacturing company, Mother stays home with the baby and the rest of the kids goes to school. The Kobori family gave me a very warm welcome and showed the Japanese hospitality. In Nonoichi, I tried making magatama (a kind of power stone) and wagashi (Japanese sweets). The last day of the homestay we visited Kenrokuen, a landscape garden said to be one of the three great gardens of Japan.

I will never forget my time in Ishikawa learning of Japans traditional culture. At the last day, I got a notice that I was one of the 10% selected to become ambassadors for the Japan Tent program. Japan Tent is free of charge and all expenses are covered by sponsoring partners and volunteers. I warmly recommend You to apply for the program in 2017 because this is a new way to get introduced to traditional Japanese culture.

http://www.japantent.com/

Made it to the newspaper

Picture 1 of 8

京都の同支社大学に在学中、石川県のJapan Tentプログラムでの体験は学生生活の中で一番よい思い出になりました。このプログラムは世界中での78の国々の300の留学生を集まりました。綺麗として文化的な石川県にホームステイをしに行きました。石川県で二つの家族に泊まるチャンスがありました。

最初の三日間はしゅんさんの家に泊まって巡りました。新鮮魚が美味しくて縄文時代からの歴史が豊富な能登半島を。毎朝うららというカフェでコーヒーの臭いで目を覚ました。能登町の第一経験はキリコの運ぶことでした。

最後の三日間はホストファミリーである小堀家の大きく、日本的な家に泊まりました。この経験はステレオタイプの日本人家族を表して:お祖父さんは農業、お祖母さんは料理、お父さんは会社で仕事、お母さんは赤ちゃんのお世話、他の3人兄弟は勉強をしていました。 小堀氏は私と初めて会うにもかかわらず、親切で大変あたたかくおもてなししくれてました。 とても素晴らしい家族です。 観光で訪れた野々市市では、勾玉や和菓子を作ったりしました。最後に兼六園を訪れ、その美しさに大変感動しました。

石川県の伝統的な文化を学んだ事は忘れられない特別な良い体験となりました。 帰りの日は、全体の10%からJapan Tentの大使に選ばれました。スポンサーやボランティアの御かげでJapan Tentは無料になっています。心から日本に住んでいる留学生をJapan Tent 2017を進めます。

http://www.japantent.com/

Skiing in Japan

A late Friday night, an international team of 9 participants set out from Tokyo in two rented cars. Since Japanese people, in general, have a tendency to work late, we departed at almost 00:00 to arrive around 05:00 in Nagano at our hotel. The group consisted of 4 men and 5 women, all with the determination to enjoy a nice skiing weekend. These kinds of activities are encouraged by Social Apartment, where you can live and enjoy socializing in an apartment style share house.

With only a few hours of sleep, we got up and rented ski gear for about 5000 yen and then bought a lift pass for about another 5000. Hakuba was the name of the ski resort we went to and it’s a village in the kitaazumi district of Nagano prefecture.  Nagano is mostly known for the 1998 winter Olympics, is also connected with Tokyo by the  Hokuriku shinkansen. After enjoying skiing for a few hours, we ate dinner at a quite decent Yakiniku restaurant named Miyama(深山). The night was finished with an onsen visit close to the hotel will some drinks at our rooms.

Skiing in Nagano was quite different from skiing in Sweden. The snow was equally great, but it was a bit warmer than expected. The ski lift worked flawlessly compared to Sweden and Hakuba was well staffed. The next ski trip will no doubt be in Hokkaido next year!

ある金曜日の夜、一緒に暮らしている9名の参加者の国際チームは、借りた車で東京から長野に出発しました。一般的に日本人は遅くまで働くので、我々は00:00頃出発し、長野に朝5時ぐらいに到着しました!グループは男性4人と女性5人で、皆素敵なスキー週末にしようと決意していました。こうした活動は、ソーシャルアパートメントに一緒に住んでいると、身近なものとなり、色々な人と付き合い楽しむことができます。

非常に少ない睡眠時間で目を覚まして、約5000円でスキーギアを借りて、さらに約5000円のリフト券を買いました。白馬は北安曇の村のスキー場です。長野は、1998年冬季オリンピックでよく知られており、北陸新幹線で東京と接続されています。スキーが終わって、深山というかなりおいしい焼肉屋さんで飲んで食べました。夜はホテルの近くにある温泉に入って、お酒を飲んでから寝ました。

長野でのスキーはスウェーデンと比べるとかなり異なっていました。雪は同じように最高やけど、予想していたより少し暖かかったです。スキーリフトはスウェーデンと比べて、完璧に動いていただけでなく、スタッフの人たちもキビキビと働いていました。次のスキー旅行は間違いなくスウェーデンに似てる北海道です。

Kyoto from the sky – Awa Drone

Ever heard of drones? A few weeks ago I met a few friends living in Tokushima in Shikoku. They are very interested in drones and even have a business called Awa Drone!

We spend a whole day touring Kyoto, starting with the ritual throwing of a coin at the first shrine visit of the year(Hatsumoude). We spend the rest of the day exploring Arashiyama and especially the area around Katsuragawa. There I gathered goshuin and we took amazing aerial footage for a video project called “Edge of Kyoto”. The video showing the slow river boat turned out better than expected and the video is a MUST see!

ドローンって聞いたことありますか?数週間前には、四国の徳島に住んでいる友達と会いました。彼らたちはすごくドローンに興味があり、Awa Droneというビジネスを設立しました

一日中に京都を観光し、初詣のために、神社でコインを投げました。その残りの間は御朱印巡りをして、嵐山の辺に行って、特に桂川の方に探りました。そこで、”Edge of Kyoto”というビデオプロジェクトをドローンで空からの撮影しました。そのビデオは桂川と屋形船を現して、思ってたよりいい感じで撮りました。是非ご覧ください!

Mount Fuji

On an early Friday morning the 10th September, my friends Ashraf, Atreya, Daisy, Ryan, Tasneem and I set out to climb mount Fuji and visit the amusement park Fuji Q Highland the day after.

We set out from Doshisha University in Kyoto with a car from Times Car Rental. The deal was slightly better than expected because they upgraded us to a bigger car for free.

Arriving at Fuji-Yoshida (the north side), we started the climb about 8 p.m. It was wind-still and a quite comfortable temperature at the 5th station. While climbing up, we took a rest at all of the upcoming stations and decided on the spot to stay for two hours at the 8th station’s mountain hut. We went to sleep around 1 am and woke up at 3 am to climb the last bit up to the summit. It was freezing cold and the wind was very strong at the top, but we made it just in time to see the stunning sunrise.

After walking around the crater one lap, we started the descent around 6 a.m and it took about 3 hours to get down to the car again. It was very tough. In hindsight, climbing Fuji-san sleep deprived and jet lagged the day after coming back to  Japan from Sweden was not such a good idea. My body felt incredibly heavy and I definitely got mountain sick. However, we all did a good job on planning the trip and we had the right gear with us.

After resting, we went to an onsen facing fuji-san and stayed at a guesthouse for the night. The following day, we went up early to go to FujiQ Highland: an amusement park famous for having world-record roller coasters and one of the world´s scariest ghost house.

Take a look at my Gaijinpot post about FujiQ highland

私の友人のアシュラフ、アトレヤ、デイシー、ライアンとタスネームは金曜日の早朝に富士急ハイランドと富士山を登りに行きました。

私たちはタイムズレンタカーの車で9月10日に京都を出発しました。無料で大きな車にアップグレードしてもらい予想していたよりも良いサービスを受けました。

富士吉田(北側)に到着し、風はあまりなくちょうどいい感じ。午後6時に五合目から登り始めました。登っている間の中間駅すべてで少しずつ休憩して、八合目の山小屋では2時間滞在しました。1時に寝て、山頂まで登るために3時に起きました。一番上は非常にめっちゃ寒くて、風も強くて、私たちはぎりぎりでご来光を見ることが出来ました。

クレーターの周りを一週した後、午前6時に下山を始め、再び車に戻るのに約3時間を要しました。富士山登山は非常に大変でした。後知恵としては、睡眠不足とスウェーデンから日本に戻って来てすぐの時差ボケ状態で富士山を登るのはいいアイデアではないということです。体が信じられないほど重く、私は間違いなく高山病にかかりました。でも、私たちの準備は万全だったし、すべて計画通りにいきました。

休憩後、富士山の見える温泉に入って、のホステルの泊まり、ゆっくり休みました。次の日に早く起きて、世界記録のコースターや怖いお化け屋敷にあることで有名な遊園地である富士急ハイランドへ行きました。私の外人ポットに書いてある富士急ハイランドについての

ポストをみてみましょう

Beauty of Shirakawago

Do the names Gifu and Kanazawa ring any bells? Or maybe they are a faint memory hidden in the recesses of your mind?  In this blog post I will shed some light on these two culturally rich prefectures in Japan.

Not long ago, I rented a car in Kyoto and explored the area northeast of Kansai.

The first stop was Gujo Hachiman, a small mountain village that takes pride in its water and is famous for its dance festival every summer, the Gujo Odori. It’s said that the dance goes on all night on each of the four consecutive Obon days in mid August. Another funny fact is that Gujo is the place where Japan’s famous food replicas were invented, and are still produced there today.

As the sun began to set, we checked in at the cozy Sakura guest house in Takayama. Before going to sleep, we had a Nightcap at the Red Hill Bar in a hidden place a bit far from the central area! The Morning Market was also decent, but filled with strange and often unnecessary things. The highlight of that excursion was that I was able to finally try goma(sesame seed) flavored ice cream! It was overpriced but delicious.

The second stop was our main destination, the amazing Shirakawago village in Gifu Prefecture. It reminded me of Sweden in many ways, except for all the Japanese people there. There was a fresh mountain river running through the valley by the village. The local village temple had a fire that was perpetually burning downstairs, and even during the hot summer months! I heard that it was to keep insects away.

We spent the last day in Kanazawa, where we stayed at another guest house. The enthusiastic owner there showed us the true meaning of Japanese Omotenashi. The house is called Akatsukiya and is a cultural heritage site. It also has a beautiful garden that can be viewed from the dining area.

The final destination of the trip was Kanazawa’s Myoryuji  (Ninja) temple! In reality, it has nothing to do with Ninjas, but the temple was built by the Maeda lords of feudal Japan and has many deceptive defenses. There were hidden rooms and traps, and scaled a total of seven stories! We first spoke to a rude Japanese woman who gave us misleading information about parking spaces. However, the experience was saved when a guide from the temple came to the rescue!

白川郷の美しさ

岐阜と金沢(石川県)と聞き、何か心当たりはありますか?おそろく、ぼんやりとしたイメージが記憶のどこがにあるかもしれません。今回の記事では、この二つのすばらしい場所に当て私の旅行の思い出を書きます。

まず私は京都で車を借り、関西の北東のほうを探索するために出発しました。

最初のストップは郡上八幡。それは水に誇りを持っている地域で、毎夏には郡上踊りという祭で賑わう小さな町です。郡上踊りは毎年8月中旬のお盆の時期に4日間連続で行われる郡上八幡で伝統的な行事です、もう一つ面白い事実はmこの地域は食品のれぷりかの生産地として有名で、今でもレストランやカフェで目にする食事の見本はそこで作られています。

日没が近づいたとき夕日をせに、私たちは高山にある居心地のいい桜ゲストハウスにチェックいんしました。夕食を食べ、就寝前に中心部から少し離れていて、見つけにくい場所にあるRed Hillというバーで寝酒を飲みました。そしてまたゲストハウスに戻り旅の第一日目を終えました。高山市の朝市はなじみのないものや、観光で来ている私たちには不要なものが売ってあったため、そこでは何も買いませんでした。しかし、その朝、私はついに!高くて美味しい胡麻アイスクリームを食べることができました。

第2目的地は、この田部のメインである岐阜県の素晴らしい村、白川郷でした。その場所は、日本人が歩いていること、日本語を話していること以外様々な点で、スウェーデンと似ているとことがありました。谷になっている村の真ん中には新鮮なやまからのみずが流れる大きな川があり、村にあった寺院の一つでは年中継続的に火を炊いていました。その理由は害虫を寄せつけないようにするためだそうです。

最終の日は、石川県の金沢で過ごしました。金沢ではあかつきやという古民家ゲストハウスに宿泊し、とても情熱的なオーナーが私たちを日本のおもてなしで温かく迎えてくれました。あかつきやは文化遺産です。またダイニングテーブルからは日本の夏を感じさせる美しい庭園を望むことができました。

旅の最終ストップは金沢の妙立寺(またの名を忍者寺)というお寺です。忍者寺として有名ですが、実際忍者とは全く関係ありません。お寺は前田領主が創建し、敵の侵入を防ぐためにさまざまな仕掛けがしてります。例えば隠し部屋、落とし穴、トラップ、隠し階段など、外観は2階建てに見えますが、中は4階建て7層になっている複雑な構成です。最初私たちが妙立寺に着いたとき、駐車場について間違ったそこの情報をもらったこと、そこの係員の態度に気分を悪くしました。しかし、その後の寺内ガイドが分かりやすくてとても面白かったので、寺ツアーの最後は笑顔で忍者寺をあとにすることが出来ました。