New job in Kobe IKEA Port Island, Part 1

I have worked at IKEA Japan’s Bistro and Swedish Food Market (in the Kobe store) for about two months now. Here are some of my ideas and thoughts about it:

I first started working at the IKEA in Sweden for a summer job in 2012. I continued working there after graduating from Södertörn University until I left for Japan in September 2014. After that, I took a 3-month break before working at IKEA Japan in December. Since my previous responsibilities at IKEA of Sweden were mostly customer service-related jobs, my job at IKEA Japan was an entirely new experience for me. I didn’t know anything about the food industry or how to operate the restaurant. (Take a look here on how I first got the job.)

This December, I was given a friendly reception. Even though I was still working for the same corporation, the changes in country, culture and language, left me feeling a bit nervous. The reception started with an introduction of IKEA as a corporation and the different functions of the store. It continued with more specific education regarding the routines at IKEA Food, and especially about the rigorous food safety regulations.

今までイケアジャパン(の神戸の店舗)ビストロとスウェーデンフードマーケットで2か月ぐらい働いていました。これは私のその事についての考えです。

私はIKEA Swedenで2012年の夏から働き初めました。Sodertorn Universityを卒業した後はずっと働いて、2014年の九月にやめて、日本に引っ越した。それで、イケアを3か休職して、また12月にイケアに入りました。前のイケアでの仕事はほとんど接客業務で、イケアフードは新しい経験でした。食品産業とかレストランの管理とかは今まで、全然やったことありませんでした。これはどうやってイケアができたのかの記録です。

去年の12月に私はIKEAでフレンドリーな迎えられました。まだ同じ会社で働き続けていたけど、国、文化、言語が変わったのせいで、少し緊張感があった。最初の日、レセプションは、企業としてのIKEAの紹介や店舗の異なる機能についての説明で始まった。そして、特に食品安全規制について厳しく教えられIKEA Foodでのルーティンワークについての具体的な教育が続いた。